メッシュデータ




メッシュデータとは

メッシュデータとは地域を格子状に区切った単位で,その範囲における各種情報(土地利用や標高など)を格納したデータをいいます。
データの代表的なものとして,基盤地図情報や数値地図の標高データ,国土数値基盤情報の土地利用データがあります。国勢調査のデータもメッシュデータで入力が可能です。
データの表示形態としては,ラスターデータとほぼ変わりませんが,GIS上ではメッシュデータは「ポリゴン」として扱います。

日本のメッシュデータの整備基準となるのが,「標準地域メッシュ」です。以下のような形態です。

  • 第1次地域区画(第1次メッシュ)・・・約80km区画
  • 第2次地域区画(第2次メッシュ)・・・約10km区画
  • 第3次地域区画(第3次メッシュ)・・・約1km区画=1kmメッシュ
以上の第3次メッシュまでが定められています。
実際の分析では,1kmというのはとても大きい単位ですので,以下のようなサイズもあります。

  • 2分の1地域メッシュ・・・約500m区画=500mメッシュ
  • 4分の1地域メッシュ・・・約250m区画=250mメッシュ
このなかでも,我々が以前から使用しているのが250mメッシュです。
このメッシュのサイズは実際は「250m」ではなく,地域によって異なります。特に高緯度の地域ほど,X方向は小さく,Y方向は大きくなります。

250mメッシュデータの作成

全国のメッシュデータについては,公的機関ではせいぜい500mメッシュ程度(250mメッシュのものもありますが,実際は少ない)までしか整備されていません。250mメッシュ(4分の1地域メッシュ)については,Murakamiさんのサイトで入手できます。

Murakami's Notebook >>> 全国基準地域メッシュデータ(解説)

平面直角座標系で使用する必要があるときは,リアルタイム投影をしてくれますが,あらかじめ投影変換をしても良いと思います。
ただ,一点だけきになるのは,平面直角座標系に投影すると線がひずんで見えますね。緯度経度で投影する分は,なんら問題ありません。
それから,空間検索を行い,市域などで必要なところだけエクスポートします。


平面直角座標系でひずみが気になる場合は,以下の方法でメッシュを作成可能です。

<インデックス フィーチャ(格子状)の作成 (Grid Index Features) (カートグラフィ)>

ArcToolboxから,[カートグラフィツール]-[データドリブンページ]-[インデックス フィーチャ(格子状)の作成]を実行します。


作成に先立ち,先ほど入手したメッシュデータでも良いですし,1kmメッシュなどの原点を設定できる基準となるデータをArcMap上で展開しておきます。
このデータを元に,原点のポイントデータを作成します。原点は「左下」になります。メッシュの原点をスナップで設定します。
また,250mメッシュの東西,南北方向の長さを決めます。このサイズは地域によって異なります。ここでは,X=290.91m, Y=231.12mとします。




原点のデータを「入力フィーチャ」に設定,ポリゴンの幅(X)と,高さ(Y)を入力。さらに,行数と列数も設定します。
その結果,以下のような形となります。



これにより,メッシュに様々な情報を格納できるようになりました。






Comments