ArcCatalog






Step1 ArcCatalogとは


「ArcCatalog」はデータ・地理情報管理のためのツールです。ArcGIS Helpには整理および管理できる情報の種類は以下の項目が挙げられています。

  • ジオデータベース
  • ラスタ ファイル
  • マップ ドキュメント、グローブ ドキュメント、3D シーン ドキュメント、レイヤ ファイル
  • ジオプロセシング ツールボックス、モデル、Python スクリプト
  • ArcGIS Server を使用して公開される GIS サービス
  • GIS 情報項目用の標準的なメタデータ
  • その他多数



左にフォルダの階層構造が,右にファイル(コンテンツ)が表示されます。
フォルダやファイルを右クリックすると,それに対応したメニューが表示されます。
同じ操作が,ArcMapのカタログウィンドウでもできるようです。


Step2 ArGISで扱うことのできるファイル

GISのデータフォーマットはたくさんあるので,使うシステムで扱うことのできるファイルフォーマットに変換しておかなければなりません。
ArcGISではよく使われるデータとして「Shapeファイル」があります。これはベクター型のデータで,様々なシステムで利用可能な形式で,事実上の業界標準みたくなっています。CADでいうとDXFみたいなものでしょうか。Shapeファイルにしておけば大概のシステムで開くことができます。

<Shapeファイルなどの「ベクター型データ」>

ShapeファイルはArcViewの標準ファイルフォーマットだったもので,ファイルは*.shp,*.shx,*.dbfの3つから構成されています。ArcCatalog上では一つのファイルとして認識されます。
このファイルだけでも十分分析には耐えられます。このファイルからネットワークデータセットも最終的には構築可能ですので。。。

ちなみに,ArcGISではベクターデータのことを「フィーチャ」といった形で表現しているようです。あまりベクターデータという語は出てきません。いわゆる,点,線,面で表されるデータになります。厳密に言うと「TIN」なんかもベクターデータでしょうか。


*画像出典 / (C) ESRI, ArcGIS Resource Center

★ArGIS Help >>> フィーチャクラスの基礎


<ESRI GRIDやERDAS Imgine,GeoTiffなどの「ラスター型データ」>

いわゆるラスターデータです。セルあるいはピクセルといった形式で管理されているデータになります。


*画像出典 / (C) ESRI, ArcGIS Resource Center

ラスターデータをフルに活用するにはエクステンションの「Spatial Analyst」は不可欠です。

[入力に対応したファイル形式] → ★ArcGIS Help >>> サポートされるファイル形式
[出力に対応したファイル形式]
ESRI GRID,ERDAS Imagine(*.img),GeoTiff,ジオデータベース ラスタ(ファイル ジオデータベース,パーソナル ジオデータベース,ArcSDE ジオデータベース)などです。


<ファイルジオデータベース> 

 ★特に制限がなければこちらでジオデータベースを作成する
ArcGIS Helpを見ると,
「ファイル ジオデータベースはディスク上の 1 つのフォルダに格納されたファイルの集合であり、空間データと非空間データの両方を格納、検索、管理できます。」
となっています。同じように複数のファイルをひとまとめにできるようです。
作成方法を以下に。

(ファイルジオデータベースの作成)
まず,ArcCatalog上でファイルの何もないところで右クリックし,「新規作成」-「ファイルジオデータベース」をクリックします。
(※「ファイル」-「新規作成」からもできます)








とりあえず,basemap.gdbとファイル名を付けます。
そして,この中に放り込みたいShapeファイルを複数選択し,下の図のように右クリックで「エクスポート」-「ジオデータベース(マルチプル)」をクリックします。





すると,以下のような画面が出ます。赤枠で囲った「ジオデータベース」は先ほど作成したbasemap.gdbを指定します。
そしてOKをクリック。追加のファイルがあれば「入力フィーチャ」で追加します。



正常に終了すると,ArcCatalogでは以下のようになります。


ファイルのタイプが「ファイルジオデータベース フィーチャクラス」となっていると思います。左のカタログツリーをみても,先ほど指定したフィーチャがbasemap.gdbの中に含まれていると思います。
このファイルジオデータベースをArcMapで開いてみます。が,ファイルジオデータベースは「1 つのフォルダに格納されたファイルの集合」ですから,そのものは開けません。ですので,ジオデータベースをクリックし,中に格納されているフィーチャをドラッグすることになります。



利点としては,「基本的に使うデータをファイルジオデータベースに格納し,一元的に管理する。」ということと理解しています。

<パーソナルジオデータベース>

ArcGIS Helpを見ると,
「パーソナル ジオデータベースは、空間データと非空間データの両方を格納、検索、管理できる Microsoft Access データベースです。パーソナル ジオデータベースは Access データベースに格納されるので、最大サイズは 2GB までです。また、パーソナル ジオデータベースでは一度に 1 人のユーザしかデータを編集できません。」
となっています。Access形式に,複数のファイルをひとまとめにできるということでしょうか。

先ほどと同じ手順で「パーソナルジオデータベース」をまず新規作成で作ります。


今度は拡張子が「*.mdb」になっています。
同じく複数ファイルを選択して,ジオデータベースに格納します。


ArcCatalogではどうなっているかというと,こんな感じです。



あまり代わり映えがしませんが,ファイル形式が違うので何か違うんだと思います,たぶん。。。
このbasemap_pg.mdbもファイルジオデータベースと同様に,これそのものをArcMapに持って行くことはできません。ツリー上で表示して,必要なフィーチャクラスのみをドラッグします。


構造的にはファイル形式が違うので格納方法が違うんだともいます。ただ,扱えるデータの制限がファイルジオデータベースの方だと特にないので,基本的には「ファイルジオデータベース」を使う方が望ましいと思います。


Step3 投影定義

まれにデータを入手したとき,データの座標系がわかっているのに投影定義がされていないことがあります。この場合,投影定義されていないファイルを右クリックし,「プロパティ」を開きます。


その後,次の画面が出てきます。


赤い部分の「選択」をクリックします。そうすると,データの座標系を選択する画面が出てきますが,平面直角座標系JGD2000 第2系に定義するときは,

「日本周辺の投影座標系」-「平面直角座標系」-「日本測地系2000(JGD 2000)」-「平面直角座標系 第 2系(JGD 2000).prj」

を選択し追加します。その結果,以下のような表示になり,「OK」で定義が完了します。





Step4 投影変換の基礎

ArcCatalog上でArcToolBoxを開いて,ファイルの投影変換を行ってみます。

例)【平面直角座標系 第 2系(JGD 2000)】から地理座標系の【WGS 1984】に変換を行います。
  日本のどの地域が平面直角座標系だと何系,UTM座標系だと何帯なのかは以下を参考にしてください。
  Link >>> 平面直角座標系
  Link >>> UTM座標系


では,ステップを踏みます。


ArcToolBoxで「データ管理ツール」-「投影変換と座標変換」-「投影変換」をダブルクリックします。




上の図のように,まず

(1)データを選択した後に,青い四角で囲った場所に「入力データの座標系」が正確に表示されているかを確認します。
   このとき「NONE」であれば定義がされていないことになります。
(2)次に,出力するファイル名を設定します。
(3)そして,「出力データの座標系」を選択します。選択は以下のような形のダイアログから該当のものを選びます。


(4)そうすると,赤で囲った部分に「地理座標系変換(オプション)」に変換方法が出ますので,とりあえず一番上を選びます。(違いがわかりません)
   そして「OK」をクリックで,正常に変換が終了すればエラーメッセージは特に出ません。


このファイルをJGD2000で表示している地図上に投影してみます。つまり,JGD2000第2系の上に,地理座標系のWGS1984のものをオーバーレイするわけです。



実は座標系が異なっていても,現在表示しているデータフレームに合わせて投影をしてくれます。
ArcGISのヘルプによれば,すべてのデータが統一的に同じ座標系を持っているわけではないので,ArcMapではこの機能であわせてくれるわけです。ただし,これは投影定義をしていることが前提です。投影定義のないデータは対象とはなりません。
簡単に言うと,JGD2000の単位はメートル(m)で,地理座標系は緯度経度(***度**分**秒)です。前者が投影定義されていて,後者が定義されていないとき,後者は***度**分**秒とは認識されず,***.*****mとして認識されます。ですので,例えば131度21分5秒ですと,131.35138888889mと変換されて,20,000m×20,000mの枠の中ですと,すごーーく小さくしか投影されないという事態になります。上図の右下の~メートルの単位も大きくなっています。




Next >>> ArcToolbox



Comments